愛猫が逃げ出すわきがの臭いに自己嫌悪

念願の一人暮らしが実現したので、寂しさを紛らわすために猫を飼い始めました。本当は妹と住むはずだったのですが、私のわきがの臭いに耐えかねて別のアパートで一人暮らしすると言われました。そのため、寂しがり屋の私には癒やしが必要だったのです。

愛猫と一緒に生活し始めて、もうすぐ1年が経ちます。現在の私は、愛猫に餌を提供するだけのロボットのような存在です。一切のスキンシップを許してもらえず、動物病院に連れて行く際には友人に愛猫の捕獲を依頼しています。決して愛猫を虐めているわけではなく、私のわきがの臭いが強烈過ぎて逃げられてしまうのです。

柑橘系の臭いが苦手なことが猫の特徴であることは知っていましたが、まさかわきが酸っぱい臭いにまで過剰な反応を示すとは思いませんでした。動物病院の先生に相談してみると、あまりにも強い刺激臭なら猫が逃げ出す可能性を否定できないと言われました。

妹にも猫にも嫌がられる私は、真剣にわきがを治す手術を検討しています。

そのためには稼がなければなりませんが、わきがの臭いを理由にチラシのポスティングでしか収入を得られていません。しばらくは、わきが治療のために質素な生活をするしかないようです。

参考サイト→ワキの臭い対策

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>